FC2ブログ

プロフィール

鮫島順太郎

Author:鮫島順太郎
FC2ブログへようこそ!

亀飼育あれこれ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

エステルは元気

エステルが負傷して1日が経ちました。
唇の下が数ミリ白くまだ腫れていますが
顎が砕けたり、欠けたりという最悪の事態は避けられたように感じます。

何より今日の夜も餌を大量に食べて、動き回っていますので
ちょっと一安心。
しばらく様子を見ます。

動き回って傷付けて鱗が剥れた前足の肘の傷も心配ですが・・・・・。

ともあれ、爬虫類を見てくれる病院に一度連れていく予定です。

20111117-1.jpg
嫁の部屋に侵入したエステル。

畳が大好きです。

にほんブログ村 その他ペットブログ イシガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村



テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

謝るしかない、すまん・・・・。

エステルが目を放した隙に脱走し、ゲージから落下。
その時に顎を強打したようで、血が出てしまいました。

申し訳ない、ただただ、謝るばかり。

急いで止血したが
下顎の左側が白く腫れている・・・・。

早く腫れがひいてくれるといいのですが・・・・。

餌をきちんと食べられるか、心配です。

ゴメンナサイ、エステル。


にほんブログ村 その他ペットブログ イシガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

御淑やかなエステル

餌を食べる時と、寝る時以外、いつも飼育ケース内を動き回り、
脱走を企てていたニホンイシガメの大ガメ、エステルもようやく大人しくなってきました。

餌の食いも良いので餌やりが楽しみです。
体をきちんと乾かしたら、室内を歩かせたりもしてます。

狭い所が落ち着くみたいで、フィギアの棚の中に無理やり入り込み、
じっとしている時もあります。
当然の如くゴジラからウルトラマンまでなぎ倒されますけど・・・・。

20111115-3_20111115164110.jpg
エステルは十分すぎる程大きい大人のカメですが、
我が家に来て初めての冬という事もあり今年は室内越冬です。
20111115-4_20111115164110.jpg

20111115-6.jpg

20111115-7.jpg
気温がいきなり低くなったからだと思うのですが
今日は本当に大人しい。
御淑やかな美しい顔です♪

昨日までは腕が傷付くほど暴れていたのになあ。

水中ヒーターやらで温めても季節の変化を特殊な能力で感じているのかもしれません。


にほんブログ村 その他ペットブログ イシガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

チャンドラーの変化

クサガメのチャンドラーが甲羅の傷のせいで
後ろ足をあまり動かさない事は、今までに何回も書きました。

それでも元気なので楽観的に飼育してましたが、
やはり後ろ足は収納したままの状態が多く
通気が最悪で、充分に乾燥させたつもりでも
後ろ足だけに白いものが出始めました・・・。

結構ショックでしたが、とにかく餌を沢山食べさせて
水温を上げて、イソジンを塗って様子を見たところ、徐々に白いカビは減っていきました。

チャンドラーは我が家に来て2か月ですが、
生温い水中では機嫌も良く、後ろ足もずいぶん動かすようになったと思います。

陸に上げると前足だけで歩いて、すぐに疲れてゼーゼーするのは変わりませんが、
多少ですが良い兆候も♪
20111115-1.jpg
快適な場所を求めて歩き回る時に後ろ足を積極的に使うようになりました。
びっくりするとまた前足だけ動かすようになりますが・・・・。

20111115-2.jpg
陸に上がってライト浴をする時も後ろ足を伸ばすように。
(見難い画像ですいません。)

飼育環境への慣れと体力の充実が
とりわけチャンドラーのようなカメには重要なのだと思います。

20111115-5.jpg
偶然お尻をライトに向けて、足を少し伸ばしている所をパチリ!
いいぞー!チャンドラー!


にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

簡易温室化

僕は怪獣のフィギアを集めるのが好きで、フィギア用に棚を何個か置いています。

で、ふと思い立ち、怪獣フィギアを飾るのに使っている会社・事務所用の書棚に
飼育ケースを入れて前面をビニールで覆い、防寒対策をしてみようと思いました。

20111113-1.jpg

見栄えは悪いですが、こんな感じです。

結果は・・・・・・
今日は神奈川が暖かいからかもしれませんが、
水中ヒーターを完全に切っても、ライトだけの熱で水温28度を維持しています。

もうちょっと実験してみます。

にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ イシガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村


テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

全員揃う?

先日紹介したガンターの他にも、実はもう一匹違うイシガメがいます。
大分大きくなっているメスのイシガメです。
色々あって我が家に迎えたのですが
甲羅の大きさが18cmもあるので圧倒されています。
20111112-3.jpg
名前は「エステル」。
20111112-2.jpg
我が家のカメは全てが若ガメ、子ガメなので
エステルちゃんのでかさには正直ビビりました。

同じ我が家のイシガメの若ガメ達とは全く別物と言っていいほど
素晴らしく大きく育っているイシガメです。

20111112-1.jpg

これで我が家のカメは

クサガメ1・・・・ジョーイ
クサガメ2・・・・チャンドラー
イシガメ1・・・・モニカ
イシガメ2・・・・フィービー
イシガメ3・・・・ガンター
イシガメ4・・・・エステル

の合計6匹、
大変な大所帯なのでもうこれ以上は
増やしも減らしもしない覚悟で飼育します。

名前はお気付きの方もおられると思いますが
海外ドラマ「フレンズ」の登場人物からとってます・・・。

僕はいかりや、高木、加藤、仲本、荒井、志村と呼びたいのですが・・・・・。

にほんブログ村 その他ペットブログ イシガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

追いついた

ニホンイシガメの成長は早く、
クサガメのチャンドラーの甲羅の大きさに追いついてきました。

20111110-2.jpg

チャンちゃんの方が甲羅に厚みがあり、頭も大きいから
モニカの方がまだまだ小さくて子どもに思えますが
モニカは今年の8月生まれ、チャンちゃんは去年の10月生まれですから、
チャンちゃんの甲羅に傷があると言っても、イシガメの成長は早いと思います。

乾燥中の御カメ様でした。

にほんブログ村 その他ペットブログ イシガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

奥が深いから自分なりに

色々とネット上にはカメの飼育に関する情報が沢山あって、楽しいです。

楽しい反面、どの情報を参考にすれば良いのか、迷う事もあります。

特に紫外線ライト、バスキングライト(スポットライトとも言っているようですが)
この辺の組合せは迷ってしまいますね。

我が家も本格的な冬到来を前に完全な室内飼育で、紫外線ライトを使っています。

よく行くペットショップの店長には

「どんなに良い紫外線ライトを使っても太陽には敵わないので
10.0とか数値が大きいUVBのライトを使えば良い。」

と教わりました。

だけど最近ネットを見ていたら、

「〇〇ライトと併用するように」と
紫外線量が高いライトには必ず注意書きがある事に気付きました。
通販ショップの注意書きにもよく書いてあります。

どうやら、紫外線量が多いライトは暗いのでカメがライトに当たり過ぎてしまう、と。
だから可視光線量の強いライトと併用して調整をする方がいい、という事らしいです・・・。

加えて暗いとカメ自体の行動も抑制されて、活動的でなくなるとか・・・・。

で、我が家ではスポッティングライトは一応点灯していますが
紫外線ライトに関しては10.0を使っているだけです。

それでも熱過ぎたり、当たり過ぎたら自然と水の中や、涼しい場所へ退避して
しばらくして再びライトの下へ、とカメ自身で調節して暮らしているようです。

スポッティングライトの明かりがあるので
紫外線ライトの明かりが多少暗くても
普通に暮らしているのかもしれませんし、
多少過ごしにくくても我慢して暮らしてくれているのかもしれません。

飼育用品の組合せはやはり奥が深くて
結局は、そのカメにあった環境を見つけ出すしかないと思ったり・・・・。

以上、雑文でした。

にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ イシガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

ニュー・フェイス、ガンター

実はとんぶり市の時に、ニホンイシガメの一歳の若ガメを連れて帰ってきました。
群馬出身です。

尻尾の形からメスだと思うのですが、排泄肛を見ると甲羅の外にあり
オスかもしれないカメちゃんです。

名前を「ガンター」と名付けました。
20111108-1.jpg
しかし、このカメ様は・・・・、数日前まで餌を一切食べませんでした・・・。
口に入れても、すぐ吐き出すし、餌が水面に落ちる振動を嫌って
逃げ出す始末。
つまり環境が変わって、ずっとパニック状態だったようですが、
最初の2~3日は、気を使いながらピンセットで口の前まで餌を持っていったりして
興味を持たせて食べさす作戦をやってたんですが、全く駄目。効き目無し。
20111108-2.jpg
そこで、餌を食べるまで、水替えと世話をするのを一切止めて放置。
水中ヒーターだけ稼動させて、暴れるも良し、パニックになるのも良し
とにかく無視をしました。
20111108-3.jpg
次第に飼育ケースの雰囲気に慣れて、我々が近づくと逃げまくる行動が落ち着いてきました。
20111108-4.jpg
そこからは、一日5粒くらいレプトミンミニを与えて、様子見。
やはり空腹には勝てないのでしょう、きちんと食べるようになってきました。
20111108-5.jpg
先週くらいから、餌の時間がわかるようになったのか、シェルターからゆっくり出てくるように♪

他のカメと同じくらい配合飼料を食べています。

甲羅の長さは6cm弱。

しばらく餌付かなかったので多少痩せていますが元気です!

長生きしておくれ。

にほんブログ村 その他ペットブログ イシガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村


テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

のんびり

クサガメのジョーイとチャンドラーを同じ容器で餌やり。
お互いに餌を奪い合う事無く、食事が終わりました。
20111107-5.jpg
チャンドラーは後ろ足が不自由ですが、機嫌が良かったり興奮していると
ジョーイよりもたくさん後ろ足を動かすようになりました。

頻繁に動かすようになって分かったんですが
若干後ろ足が白っぽくなっている事に気付きました。

日光浴も大好きで室内飼育に切り替えてもレフ球と紫外線ライトの下で
一日数時間はボーっとしているので、てっきり体が乾燥しているものだと思い
安心していました。

だけど、よくよく考えてみると後ろ足は陸地に上がっても甲羅に収納されている事が多く、
他のカメと違って、後ろ足ダラーンのウルトラマンポーズをする事はありませんでした。

つまり後ろ足が完全に乾ききっていないのです。

明日からイソジン温浴を負担にならない程度に行ってみるつもりです。
これから気温も下がってくるし、皮膚病ならば今のうちに治したいです。

にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

| ホーム |


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE