プロフィール

鮫島順太郎

Author:鮫島順太郎
FC2ブログへようこそ!

亀飼育あれこれ

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョーイ

クサガメのジョーイです。
クサガメはニホンイシガメ程成長が早くないですが
飼育から1年経って、やはり来た時よりは大きくなったと思います。

20120926-1.jpg
慎重で、陸場にあまり登らないジョーイですが
健康そうです。

20120926-4.jpg

20120926-3.jpg

20120926-5.jpg

ジョーイはオスだと思って飼育してましたがメスかもしれません。
もう少し大きくならないと雌雄の確定はできないかな。

にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ イシガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

テーマ : 爬虫類 - ジャンル : ペット

<< 元気なチャンドラー | ホーム | くつろぐモニカ >>


コメント

はじめまして

ご紹介頂きありがとうございます。suisouです。
鮫順さんが飼われている2種がやっぱりいいですよね。
われわれ子供の頃の原点ですし、輸入品ばかりもてはやされた以前から比べると、イシガメ・クサガメともに今国産が見直されている風潮は良いことだと思います。
そちらの個体はどれも元気いっぱいですね。

鮫順さんはモノを作られていらっしゃるんですね?
わたくしももの作りの人間でして、良い刺激関係になれればと思います。
これからも宜しくお願い致します。

Re: はじめまして

suisou様、コメントありがとうございます。
今のところ我が家のものは極端な皮膚病などは発生せずに生きていますが、
これからの寒い季節、やはりイシガメが心配です。

suisouさんもブログにお書きになっていたと思うのですが
国産なのに何故普通に飼えないのか、が僕も不思議でなりません。

冬眠は僕の飼育スキルでは間違いなく落としそうなので、考えていませんが
出来ればヒーター等の器具を使わないで冬も飼育したいところです・・・。

イシガメもクサガメも美しく、魅力的なカメですので
一日でも永く我が家で生きてほしいと思います。

> わたくしももの作りの人間でして、良い刺激関係になれればと思います。
> これからも宜しくお願い致します。

こちらこそよろしくお願いします。

こんにちは。
ニホンイシガメについて少し。
年齢関係なく、導入したその年は加温して冬を過ごさせた方が無難ですね。
基礎体力がありタフな亀もいますが、冬眠は基本的にリスクを伴い、おそらく野生においてもその年に産まれたばかりの子、秋に十分に肥沃出来なかった者、そして選択した冬眠場所の条件で、かなりの数が次の春を迎えられずに死んでると推測致します。
つまり、体力を十分につけさせても、冬場を乗り越える環境を我々マンションぐらしの飼育者が作れるかがキーかと。
庭飼いなら、もう少し亀の方も自分自身で場所を選択出来るでしょうけど。
ちなみにもう5年以上前ですが、その頃飼育していたニホンイシガメ(オス13cm)は毎年水中冬眠で新しい春を迎えていました。
余談ですが、この秋口から冬に向けての野生のニホンイシガメの胃袋の中身を調査した人の話だと、動物性のものの他、植物の種子もかなり含まれていたそうです。
もしかしたら冬場に大切な栄養素として欠かせないものを本能的に摂食してるのかもしれませんね。
なにかの参考になれば。
長文申し訳ありませんでした。



Re: タイトルなし

suisouさん、書込みありがとうございます!

夏場には「これだけバカ食いするし、今度の冬は冬眠だー!」とか
思ってましたが、こうやって少し涼しくなると何となく心配になってくるのが
イシガメ飼育の悩ましいところです。
ベランダ飼育の我が家のカメ達もここ数日で食欲が実際にかなり落ちています。

冬場もカメと触れ合えますし、我が家は冬眠はさせないかもしれません。

> 余談ですが、この秋口から冬に向けての野生のニホンイシガメの胃袋の中身を調査した人の話だと、動物性のものの他、植物の種子もかなり含まれていたそうです。
> もしかしたら冬場に大切な栄養素として欠かせないものを本能的に摂食してるのかもしれませんね。

これは興味深い情報ですね。
種子というと、飼育下で容易に入手できて、しかもイシガメが普通に食べれるような種子を
たまに上げれば丈夫に育つのかも。

ちょっと試してみたいですね。

去年の冬は汲み置き水にピートと枯葉を入れて何晩か置いたものを使っていました。
これの効果かわかりませんが、水カビは出ませんでした。
植物は水カビ防止に何か関係があるのかもしれません。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。