2017-06

クサガメとニホンイシガメがやってきた日

最近、カメがどうしても飼育したくなって
会社の近くのペットショップで去年生まれた若いクサガメを買ってきた。
そのペットショップには2匹のクサガメが売られていて
1匹は甲羅に傷があるが元気な個体、1匹は普通に元気な固体だった。
普通に元気な個体だけ購入しようと思ったが、情が湧いてしまって
結局2匹購入してしまった。
20110915-1.jpg
右は普通の個体。
左は甲羅に傷がある個体。
甲羅が真ん中から割れて、凹んでいる。
この傷のせいか後ろ足をあまり動かすことが出来ないようだ。
でも、手で持つと普通に後ろ足をバタバタ動かすので
きちんと飼育すれば、そのうち治ってくるのではないか?と楽観的に考えるようにしている。

20110915-2.jpg
でも人間の麻痺症状と同じで、もう神経系統がおかしくなっていて
一生後ろ足はこんな感じのまま成長していくのかもしれない。
一応、カメを診てくれる動物病院が何処にあるかはチェックしているけど
傷があろうが、多少のハンディがあっても元気に育って欲しいと思っている。

いずれにしても、どんな状態であろうが、飼うと決めた以上は
最後まで責任を持って飼育したい。

今の状態は至って元気。
水中の移動は主に前足だけで行っている。
餌の食いも悪くは無い。
とにかく元気で育って欲しい。
チャンドラーと名付けた。
只今の甲長約5.5cm。

20110915-3.jpg
こちらはもう一匹のクサガメ。
ジョーイと名付けた。
只今の甲長6.5cm。
この個体もよく食べ、よく動き回っている。

次の日、もう一匹、ニホンイシガメの赤ん坊が我が家にやってきた。
201109118-3.jpg
クサガメとニホンイシガメを両方1匹ずつ飼いたかったのだ。
クサガメは予想外に2匹となったが・・・・・。

このニホンイシガメの赤ん坊は今年の8月に生まれた個体。
ちょこちょこ元気に走り回って可愛い。
このカメはモニカと名付けた。
只今の甲長4.5cm。
レプトミンの小粒をたくさん食べている。

ともあれ念願だったカメ飼育が始まった。
あまり細かい事は気にせず、
付かず、離れず、程ほどに楽しんで育てていきたい。





● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

飼育ケース «  | BLOG TOP |  » カメを飼い始めました。

プロフィール

鮫島順太郎

Author:鮫島順太郎
FC2ブログへようこそ!

亀飼育あれこれ

近所近況 (34)
カメ飼育すべて (165)
ニホンイシガメ (129)
クサガメ (98)
クサガメのチビ達 (19)
雑談 UMA (9)
模型作り (0)
粘土造型フルスクラッチ (0)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード