2017-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いとう

これも人の名前ではありませんw。
巨大な淡水魚です。
いとう、糸みたいに身体が細い魚という事で漢字では「糸魚」と書くようですね。

淡水魚ですが大変大きくなり、寿命も長い。
タキタロウの正体でお馴染みのサケ科の魚です。

日本最大の淡水魚とする向きもあります。

身体の縦の幅が広くなるサケの特徴はあまり出ず、
糸の様に細い、直線的な身体のラインを持つカッコイイ魚で、
繁殖期には雄の背中が真っ赤になり、赤鬼とも呼ばれます。

現在、日本では北海道にしか生息していません。
降海形の魚で、産卵後死んでしまう種類が多いサケの仲間では
珍しく死にません。

ですから徐々に巨大になっていき、通常1.5M、記録の中での最大サイズは
2.5Mです。

イトウは昆虫の他、カエル、ヘビ、水鳥の雛等も食べてしまう位
悪食です。

そんな事から連想したのか、鹿や人を飲み込む巨大怪魚・チライ伝説として
語り継がれてもいます。
チライはイトウの事であり、アイヌの勇者・カンナカムイと闘って死に、
その巨大な死体が河を塞き止め湖になったという伝説が
今でも語り継がれているのです。

この話は日本昔話でも取り上げられた有名な伝説みたいですね。

人間との関わりでは、釣りの対象魚として人気なのはもちろん、
食べるとめちゃくちゃ美味しい魚なので食用としても利用されております。

さてここで、強引にUMAに結びつけると・・・、

タキタロウの大鳥池、ナミタロウの高浪池に、イトウはいないのでしょうか。

タキタロウや、ナミタロウはもの凄い巨大なイトウなのではないでしょうか?


タキタロウの記録に残されている、大きい、食べると美味しい、というのは
イトウにぴったりなのですがね・・・。


1921088303_231.jpg


にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ イシガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村



● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

うちだざりがに «  | BLOG TOP |  » おひょう

プロフィール

鮫島順太郎

Author:鮫島順太郎
FC2ブログへようこそ!

亀飼育あれこれ

近所近況 (34)
カメ飼育すべて (167)
ニホンイシガメ (133)
クサガメ (100)
クサガメのチビ達 (21)
雑談 UMA (9)
模型作り (0)
粘土造型フルスクラッチ (0)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。