2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒマンチュラ・チャオプラヤ

何回か、大きな淡水魚について書きました。



やっぱり、UMAとして考えると、一番馴染みがあって、
日本ではそこかしこにいる鯉の仲間が、一番大きい淡水魚だったら面白いなと思っていました。

では実際のところ、一体全体、世界で一番大きな淡水魚って何だろう?という事は
UMAファンとして押さえておきたいですよねw。

で、調べてみました。


いやー凄い、アジアにはとんでもない化け物がおりましたw。

淡水の川、湖、池は、母なる海と違って生き物が巨大化するには栄養に乏しく
巨大化と言っても1M前後に成長するのがやっと、というのが常識らしいのですが、
この魚には驚きました。

ヒマンチュラ・チャオプラヤという魚です。

魚と言っても、これは淡水のエイの仲間です。

海に住む大きなエイと比べても遜色のない大きさです。

汽水域に海のエイが入ってきているわけでもなく、ヒマンチュラ・チャオプラヤは
完全な淡水種です。

2009年1月28日、タイでヒマンチュラ・チャオプラヤが捕獲されました。
捕獲された個体は尾が欠損していましたが、実測2.1Mあり、
尾があれば4M以上は確実な大きさだったらしいですよ。

この捕獲によって、淡水で一番大きい魚はヒマンチュラ・チャオプラヤではないか?
と言われています。

4M以上の大きさ、というのは海に住むマンタと比べても、見劣りしない
凄い大きさです。

日本の湖で目撃されているタキタロウやナミタロウのようなUMAは
サケ科、コイ科の魚の巨大化がもっともらしく聞こえますが、
ヒマンチュラ・チャオプラヤという事はないでしょうね・・・。

まぁ、日本は結構寒いから、このエイはいないと思いますが、
日本の山奥の湖にでかいエイがいる!みたいな荒唐無稽なお話も
面白いじゃないですか。
(怪獣&UMAファンとしてはこのエイが飛び回ったりしたら尚良いww)

画像はナショナルジオグラフィックの調査チームが捉えた写真です。

一時話題になりましたから、覚えている人も多いのではないでしょうか。
こんなのが日本の川や湖にいたら、テンション上がりますね~。

1921404704_234.jpg


にほんブログ村 その他ペットブログ クサガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ イシガメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

● COMMENT FORM ●


管理者にだけ表示を許可する

そうぎょ «  | BLOG TOP |  » エディー

プロフィール

鮫島順太郎

Author:鮫島順太郎
FC2ブログへようこそ!

亀飼育あれこれ

近所近況 (34)
カメ飼育すべて (167)
ニホンイシガメ (133)
クサガメ (100)
クサガメのチビ達 (21)
雑談 UMA (9)
模型作り (0)
粘土造型フルスクラッチ (0)

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

リンク

このブログをリンクに追加する

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。